凡人の凌ぎ方─千葉大学飛び級入試対策─

おはようございます。いま朝の4時です。こんな大学生にならないでくれ............

 

 

今回は千葉大学先進科学プログラム、いわゆる"飛び級入試"の対策について書こうと思います。元々「こんなん受ける奴誰もおらへんやろ」ぐらいのつもりで放置していたのですが、実のところ現在同級生は3人居ますし、受験者も何故か急増していました。今年もTwitter上で志願者を見掛けたり見掛けなかったりした為、筆を持った次第です。

 

何を隠そうこの入試、やたらと情報量が少ないです。入学者がナニをやってるのか、その後の進路についてなどはそこそこ得るものがあるのですが、肝心かなめの入試内容については殆どネットに転がっていない。先輩方も何も書かれていないようですが、べつに止められている訳でもないので私が書けるだけのことを書いておきます。

 

ebi-frying.hatenablog.com

 ↑以前も体験記のようなものを書いたのですが、フワフワしていて内容が薄いので今回はより詰めた事について書いていきます。

 

・出願まで

私が飛び入学の受験を決意したのは2019年9月です。というのも、家庭の云々で高校を中退して半年ほっつき回り「そろそろ就職とか考えて高認(=高卒認定試験)でも取るかァ」と手に取ったパンフレットに、飛び級入試についての記載があったためです。受かれば無職から17歳大学生、落ちれば求職という軽い気持ちで出願することにしました。みんなもっとアツい気持ちで受けてくれ。

タイトルに「凡人の凌ぎ方」などと書きましたが、"普通の無職が"”この時期から””このモチベーションで”目指してもギリギリ何とかなるということは力説しておきたいです。

 

出願に際して志望理由書、志望理由書2(何?)、研究したいことについての論述が合計4500字程課せられます。結構な分量ですが、これをスラスラ書けるとかなりいい兆候かなという感じはします。書けなくても大丈夫。捻り出しましょう

私はメインに生成文法を据えたうえで言語ゲーム、経済学、ラテン語アナキズムなど好きなものをいっぱい書き、志望理由は上で挙げたような「やけっぱち」であることをそのまま述べました。べつに御託を並べなくてもいい気はします。あと余裕を持って郵送しましょう。

 

 

・対策(二次試験)

千葉大学飛び級入試には3種類あり、独自に長時間の筆記課題と面接を課す方式Ⅰ、二次試験を一般受験者と共に受験し足切りを突破した人が面接(+論述)に臨む方式Ⅱ、高3の9月からの入学を目指す方式Ⅲがあります。私が受験したのは文学部(方式Ⅱ)なので、その事について書いていきます。他の学部の方式Ⅱも概ね同じなのでご心配なく。方式Ⅰ、同級生が書いてくれんかなぁ............

 

受験を決めたので試しに河合塾マーク模試を受けてみたんですが、英語192、国語186、数学50みたいな感じでした。他は惨憺たるスコアなので載せません照

この時点で数学の対策は諦めました。今だから言えるのですが、飛び級における二次試験は「耐え」であり、スコアが合否そのものに関わってくるセンター試験(今は共通テストですね)とは毛並みが違います。なので、得意科目に全振りして足切り、すなわち一般合格者の最低点あたりを越えに行くという選択が出来ます。苦手科目を基礎から高3レベルまで埋め直す余裕が無ければ尚更、得意を伸ばすことに尽力すべきです。

私は英語の勉強に「英文読解の透視図(研究社)」、「やっておきたい英語長文1000(河合塾)」、「標準英文問題精講(旺文社)」、あと効果があったか分かりませんがセンター過去問の早解き(リスニング以外を2、30分で解く)などをやっていました。国語は対策がよく分からなかったので「古文の読解(小西甚一ちくま学芸文庫)」を読んだりしていました。数学は過去問を通しで解くときにやっただけです。諦めてたので

 

基本的には巷に出ている千葉大学対策などに振り回されず、得意科目の地力をただただ伸ばして逃げ切る方針が良いんじゃないかと思います。勿論、高2の時点で満遍なく戦えるならそれが何よりですが。私もそれになりたかった............

 

・当日

やっぱり殺気が違います。私は辞めたのでイマイチ分かりませんが、2年間高校に通ってからいきなりあそこに放り込まれたら中々怖いんじゃないかと思います。敢えてアドバイスするならば「自分は特殊入試である」という意識を持つことです。自意識過剰やイキリは良くありませんが、ちょっと周りと違うなぁぐらいの心積もりで居ると幾分楽かもしれません。

 

 

・対策(論述・面接)

 一次選抜、すなわち二次試験(これややこしいので嫌いです)を突破すると二次選抜の面接です。ここからが本番。文学部は加えて論述も課されるので、これについても述べておきます。

時系列的な感じで書いてきましたが、一次選抜が終わってから二次選抜の対策を始めていては当然ダメです。そもそも専攻したい分野の基礎知識と思考力を問うてくるので、対策というものが明確に存在するのかどうか。私は生成文法のテキストや論文に目を通して整理し、やりたいことについて纏めました。(小説などではなく)お堅い方面で好きな本があれば読み返すのもいいかもしれません。たぶん訊かれます。私の場合は「共同幻想論(吉本隆明)」と「相互扶助論(クロポトキン)」でした。

面接で第一に、そして何よりも注意しなければならないのは、面接官の数です。8人。8人?本当に何?あといわゆる面接対策は全然意味無いです。定型っぽいのは最初の志望理由について述べるところだけで、そこからは教授間の雑談になったり、突然関係の無い分野の話を振られたり、甘い所を複数人で詰められたりとまぁとにかくすごいです。45分頑張って下さい。ちなみにノれると滅茶苦茶楽しいです

 

話が前後しますが文学部の論述について。面接の前に行われ、課題文や対象となる表を見て問題に答えます。若干分量が多いのと、文字数が指定されていないのでディテールはあまり気にせずドシドシ書きましょう。出題傾向はコロコロ変わっており、また一次選抜の突破者が居た年しか問題が公開されないため過去問に乏しいです。時間が有り余っているのであれば慶應SFCの論述を解くと良い事がある気もしますが、正直何もしなくて大丈夫です。アタマと熱意次第なので。

論述と面接の間にはそこそこ休憩時間がありますが、記述の不備に思いを馳せたりしてはいけません。面接で書いた内容について詳しく訊かれる為論点を纏める必要はありますが、それ以上は止めときましょう。インターネットをして過ごすといいです

 

 

・さいごに

二次選抜が終わってから発表までは、本当に苦しいです。私も合格が近づくにつれ、軽い気持ちが一転毎日震えが止まらなくなりました。が、受かれば本当に楽しい。コロナに阻まれたりもしましたが、今はヤバい人々に囲まれながら好きな学問を満喫しています。

たとえ実力不足でも、意欲があれば何だかんだ間に合うものです。何か質問があればTwitter(@zannen_jinsei)にでもお寄せ下さい。理学部2号館でお待ちしています。

それでは。